ミス日本グランプリは競艇選手の娘、松井朝海さん 家族に感謝、感極まり涙も… 「第53回ミス日本コンテスト2021」最終審査

「第53回ミス日本コンテスト2021」の最終審査が3月22日、東京都内で行われ、大阪府出身の大学生、松井朝海(まつい・あさみ)さん(22)がグランプリに輝いた。松井さんは、競艇の松井繁選手の娘で、関西学院大学国際学部の4年生。将来の夢はファッションモデルという。

 松井さんはグランプリの発表を聞くと、両手で顔を覆い驚いた様子でマイクの前へ。ときおり涙で声を詰まらせながら「本当に本当にこのような賞をありがとうございました。今は感極まって言葉がすらすらと出てこないのですが、これから1年間、グランプリの賞に恥じぬよう頑張って参ります」と喜びを語った。

 「ミス日本コンテスト」は「日本らしい美しさ」を目指し、容姿だけでなく心の持ちようや社交性など幅広い人間性を問うコンテスト。1950年から開催され、これまでに女優の山本富士子さんや藤原紀香さんらを輩出している。この日の最終審査では、13人のファイナリストが着物審査、ドレス審査と、従来の水着審査を廃止して導入されたスポーツウエア審査に挑んだ。

 ミス日本「水の天使」は東京都出身の大学生、嶺百花(みね・ももか)さん(20)、ミス日本「みどりの女神」とミス日本「ミス着物」は神奈川県出身の大学生、小林優希(こばやし・ゆうき)さん(21)、ミス日本「海の日」は群馬県出身の大学生、吉田さくらさん(20)、ミス日本「ミススポーツ」は兵庫県出身の大学生/パフォーマー、高垣七瀬(たかがき・ななせ)さん(22)が選ばれた。

####
★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

#ミス日本